コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルメルヒサール城 ルメルヒサールじょうRumeli Hisari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルメルヒサール城
ルメルヒサールじょう
Rumeli Hisari

トルコ西部,イスタンブールにあるオスマン帝国メフメット2世が築造した要塞。オスマン帝国がコンスタンチノープルを陥落させる前年の 1452年,ボスポラス海峡を見おろす敷地に 3ヵ月という短期間で建てられた。最高 35mの三つの巨大な塔と 12の小塔,それらを結ぶ厚さ 7mの塁壁からなる。塔上には大口径の砲を据えて海峡全幅を支配下に収めたことから,ボスポラスをしずめるための城 Boǧazkesenとして知られた。1746年の火災後すぐにマフムート1世が再建した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルメルヒサール城の関連キーワードメフメット

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android