塁壁(読み)るいへき

精選版 日本国語大辞典「塁壁」の解説

るい‐へき【塁壁】

〘名〙 とりでのかべ。また、とりで。
※輿地誌略(1826)二「都児格〈略〉魯西亜人之を伐て〈略〉其を破壊す」 〔史記‐白起伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「塁壁」の解説

るい‐へき【塁壁】

とりでの壁。また、とりで。
[類語]白壁白亜粗壁なまこ壁城壁防壁外壁内壁障壁隔壁胸壁壁面

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「塁壁」の解説

【塁壁】るいへき

とりで。城塞。〔墨子、備城門〕復(ま)た卒をしてに壘壁を爲(つく)り、蓋瓦を以て之れを復(おほ)はしむ。瓦木の罌(かめ)を用ふ。容十升以上の、五十にして十(をおく)。

字通「塁」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android