コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスポラス海峡 ボスポラスかいきょうBosporus; Bosphorus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボスポラス海峡
ボスポラスかいきょう
Bosporus; Bosphorus

黒海マルマラ海を結ぶ海峡イスタンブール海峡 İstanbul Boǧazıとも呼ばれる。この海峡によってトルコはアジア側とヨーロッパ側とに分けられる。南北の全長は 30km,幅は黒海側の入口が最も広く 3.7kmあり,最も狭いところは 750m,水深は 36~124m。海峡の中央部を黒海からマルマラ海に向かって速い海流が流れるが,深層には逆向きの潮流があり,マルマラ海から黒海へ塩分濃度の高い海水を運ぶ。魚が季節によって黒海との間を移動するので漁業は盛んである。海峡の北岸にあるイスタンブールを防衛するため,ビザンチン帝国の皇帝もオスマン帝国スルタンも,海岸沿いに要塞を構えた。18~19世紀にヨーロッパ諸国が海峡を国際管理しようとしたが,1936年トルコの管理権が回復した(→海峡問題)。イスタンブール北郊で,1973年にボスポラス海峡橋が,1988年に第2ボスポラス海峡橋が完成し,二つの橋がアジアとヨーロッパを結んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ボスポラス‐かいきょう〔‐カイケフ〕【ボスポラス海峡】

Bosporus》トルコ北西部にあり、黒海マルマラ海とを結ぶ海峡。ダーダネルス海峡とともにヨーロッパとアジアの境界をなし、古くから軍事・交通の要地。2本の道路橋が架かるほか、2013年には海底鉄道トンネルが開通。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ボスポラス海峡【ボスポラスかいきょう】

トルコ語ではカラデニズ海峡。黒海マルマラ海を結ぶ海峡。長さ約30km,幅0.5〜2.5km。水深50〜70m。マルマラ海の入口にイスタンブールがあり,軍事・交通の要地となっている。
→関連項目アナトリアイオキュチュク・カイナルジャ条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボスポラスかいきょう【ボスポラス海峡 Bosporus Straits】

トルコ北西部,ヨーロッパとアジア両大陸を分け,マルマラ海と黒海を結ぶ海峡。全長32km,幅0.5~2.5km,平均深度50~70m。ボスポラス海峡は,黒海からマルマラ海とダーダネルス海峡を経て地中海へ至る通路にあたり,ビザンティン帝国の重要な通商路であった。1453年以来オスマン帝国の管理下におかれ,18世紀以降ロシアの南下とともに近代ヨーロッパ政治史上海峡の支配権と通行権をめぐるいわゆる〈海峡問題〉の焦点となってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ボスポラスかいきょう【ボスポラス海峡】

〔Bosporus〕 トルコ北西部、黒海とマルマラ海とを結ぶ海峡。最狭部800メートル。ダーダネルス海峡とともに、ヨーロッパとアジアとを分ける重要な国際水路。 → イスタンブール

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボスポラス海峡
ぼすぽらすかいきょう
Bosporus Strait

黒海とマルマラ海を結ぶ海峡。ダーダネルス海峡とともに小アジアとヨーロッパの接点となっている。長さ30キロメートル、幅0.6~3キロメートル。両岸は比較的切り立っている。ペルシア戦争のおり、アケメネス朝ペルシアのダリウス1世は、トラキア攻撃のため船橋をもって通過したといわれる。ギリシア植民都市として海峡の入口にビザンティウムが成立し、330年コンスタンティノープルと改名されローマ帝国の首都となり、この繁栄によって海峡は黒海方面の交易ルートとして重要となった。オスマン朝は、アジア岸にアナドル・ヒサル、反対岸にルメリ・ヒサルを築きボスポラス海峡を制圧し、1453年コンスタンティノープル(1457年イスタンブールと改名)を占領。以後、黒海はオスマン帝国の内海となり、海峡の外国船の航行は禁止された。18世紀ロシアは黒海北岸に進出、海峡の自由通航権を要求し、1774年クチュク・カイナルジ条約により、地中海への出口を確保した。その後、ヨーロッパ諸国も同様な権利を得、オスマン帝国のボスポラス海峡支配は弱まった。1841年、イギリス、フランス、プロイセン、オーストリア、ロシアの各国は、海峡協定を定め、平時の外国軍艦の無許可通航を禁止した。第一次世界大戦にオスマン帝国が敗れると、1918年国際海峡委員会が成立し、海峡の管理を行い海峡地帯を非武装化した。トルコ共和国成立後の1936年、モントルー条約により、国際海峡委員会、海峡非武装化が廃され、若干の制限があるもののボスポラス海峡はトルコ共和国の主権下に入った。1973年に1本目、1988年に2本目の海峡横断の吊橋(つりばし)が架けられ、さらに2013年には海峡横断鉄道トンネルが完成した。[設楽國廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のボスポラス海峡の言及

【海峡問題】より

…一般には黒海と地中海を結ぶダーダネルス,ボスポラス両海峡の軍艦の通航権をめぐる国際紛争を指す。今日では重要な海上輸送路にあたるマラッカ,ホルムズ両海峡,さらに,海軍力の通過する他の海峡についても関心がはらわれている。海峡は,歴史的に,異なる文明や地域間の十字路として象徴的な意味が与えられてきた。とくに,頻繁な海上交通路にあたる海峡付近には交易の拠点が,戦略上の重要性が意識される海峡には軍事基地が,設けられてきた。…

※「ボスポラス海峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボスポラス海峡の関連キーワードファーティフスルターンメフメット橋ウンキャル・スケレッシ条約コンスタンチノープル海峡ドルマバフチェ宮殿ベイレルベイ宮殿ルメルヒサール城東ボスポラス海峡ウシュキュダルサカリヤ[川]アナドルヒサルトプカプ宮殿チャムルジャユスキュダルボスポラス橋ルースキー島ルメリヒサルカドゥキョイクルクアスサカルヤ川カルケドン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボスポラス海峡の関連情報