コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルラノ岩 ルラノがんllanite

岩石学辞典の解説

ルラノ岩

曹長石を含む黒雲母花崗斑岩で,多量の赤いカリ長石と青い蛋白色を発する石英の斑晶と,曹長石,黒雲母の石基から構成され,副成分に蛍石燐灰石などを伴うもの[Iddings : 1904].米国テキサス州,北西オースティン(Austin)のルラノ(Llano)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android