コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルラノ岩 ルラノがんllanite

岩石学辞典の解説

ルラノ岩

曹長石を含む黒雲母花崗斑岩で,多量の赤いカリ長石と青い蛋白色を発する石英の斑晶と,曹長石,黒雲母の石基から構成され,副成分に蛍石燐灰石などを伴うもの[Iddings : 1904].米国テキサス州,北西オースティン(Austin)のルラノ(Llano)に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android