コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルロア・ボーリュー Paul Leroy‐Beaulieu

世界大百科事典 第2版の解説

ルロア・ボーリュー【Paul Leroy‐Beaulieu】

1843‐1916
フランスの経済学者,経済ジャーナリスト。1872年から自由政治大学の財政学担当教授,80年から,義父ミシェル・シュバリエの後を襲ってコレージュ・ド・フランスの政治経済学担当正教授。政界入りをも志し,パリ市会や下院などの選挙に数回出馬したが,当選は果たさなかった。《財政学概論》(1877),《近代諸国民のもとでの植民》(1882),《団体主義――新しい社会主義の批判的検討》(1884),《政治経済学概要》(1888)をはじめとして多数の大著があり,いずれも20世紀初頭までに多数の版を重ねた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ルロア・ボーリューの関連キーワード第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネットイースター蜂起牧野省三ライトアメリカ合衆国史(年表)アロー号ブロッホフランツ・ヨーゼフ1世

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android