コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルロア・ボーリュー Paul Leroy‐Beaulieu

1件 の用語解説(ルロア・ボーリューの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルロア・ボーリュー【Paul Leroy‐Beaulieu】

1843‐1916
フランスの経済学者,経済ジャーナリスト。1872年から自由政治大学の財政学担当教授,80年から,義父ミシェルシュバリエの後を襲ってコレージュ・ド・フランスの政治経済学担当正教授。政界入りをも志し,パリ市会や下院などの選挙に数回出馬したが,当選は果たさなかった。《財政学概論》(1877),《近代諸国民のもとでの植民》(1882),《団体主義――新しい社会主義の批判的検討》(1884),《政治経済学概要》(1888)をはじめとして多数の大著があり,いずれも20世紀初頭までに多数の版を重ねた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ルロア・ボーリューの関連キーワードアロー号ブロッホ歴史小説小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革松尾臣善萩原鐐太郎松尾臣善

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone