ルロア・ボーリュー(英語表記)Paul Leroy‐Beaulieu

世界大百科事典 第2版の解説

ルロア・ボーリュー【Paul Leroy‐Beaulieu】

1843‐1916
フランスの経済学者,経済ジャーナリスト。1872年から自由政治大学の財政学担当教授,80年から,義父ミシェル・シュバリエの後を襲ってコレージュ・ド・フランスの政治経済学担当正教授。政界入りをも志し,パリ市会や下院などの選挙に数回出馬したが,当選は果たさなかった。《財政学概論》(1877),《近代諸国民のもとでの植民》(1882),《団体主義――新しい社会主義の批判的検討》(1884),《政治経済学概要》(1888)をはじめとして多数の大著があり,いずれも20世紀初頭までに多数の版を重ねた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android