コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保護貿易主義 ほごぼうえきしゅぎ

知恵蔵の解説

保護貿易主義

保護主義」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

保護貿易主義【ほごぼうえきしゅぎ】

国家が貿易に一定の干渉を加えて自国産業,国内市場の育成・防衛をはかる考え方,政策。輸出入の統制・奨励と,関税政策がある。重商主義下には高率関税,輸出奨励金などの保護を行った。
→関連項目関税休戦会議貿易保護関税

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

保護貿易主義の関連キーワードカニンガム(William Cunningham)ポール ルロア・ボーリュースナップ・バック条項プロテクショニズムジョン ハインズカナダ進歩保守党ドーハ・ラウンドベンティンク東京経済雑誌ブストレームディズレーリ互恵通商協定自由貿易主義世界同時株安新重商主義多国籍企業プラザ合意ダベナントスカイラー輸入割当制

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保護貿易主義の関連情報