保護貿易主義(読み)ほごぼうえきしゅぎ

百科事典マイペディアの解説

保護貿易主義【ほごぼうえきしゅぎ】

国家が貿易に一定の干渉を加えて自国産業,国内市場の育成・防衛をはかる考え方,政策。輸出入の統制・奨励と,関税政策がある。重商主義下には高率関税,輸出奨励金などの保護を行った。次いで幼弱なドイツ産業保護のためF.リストが唱え,ドイツや米国など当時の発展途上国で育成関税を実施。さらに成長した産業のための国内市場防衛策としての防御関税,独占資本維持強化をはかる独占関税,1930年代の不況期に一般化した輸入割当制為替管理などが行われている。→自由貿易主義非関税障壁
→関連項目関税休戦会議貿易保護関税

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

知恵蔵の解説

保護貿易主義

保護主義」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保護貿易主義の関連情報