保護貿易主義(読み)ほごぼうえきしゅぎ

百科事典マイペディアの解説

国家が貿易に一定の干渉を加えて自国産業,国内市場の育成・防衛をはかる考え方,政策。輸出入の統制・奨励と,関税政策がある。重商主義下には高率関税,輸出奨励金などの保護を行った。次いで幼弱なドイツ産業保護のためF.リストが唱え,ドイツや米国など当時の発展途上国で育成関税を実施。さらに成長した産業のための国内市場防衛策としての防御関税,独占資本維持強化をはかる独占関税,1930年代の不況期に一般化した輸入割当制為替管理などが行われている。→自由貿易主義非関税障壁
→関連項目関税休戦会議貿易保護関税

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

知恵蔵の解説

保護主義」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保護貿易主義の関連情報