コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーツポンプ ルーツポンプRoot's pump

1件 の用語解説(ルーツポンプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーツポンプ
Root's pump

機械的な真空ポンプの一種。断面が普通,繭形の2つのロータ噛み合うように回転して排気する。 10-4~10 トル程度の範囲で大きな排気速度をもつ。油回転ポンプと拡散ポンプの中間の真空領域でこの排気速度が大きくなるので,ブースタポンプとして用いられることが多い。 (→メカニカルブースタ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone