コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レアール Les Halles

デジタル大辞泉の解説

レ‐アール(Les Halles)

フランス、パリの中央部の地区名。パリ第1区に属する。12世紀から続く市場があったが1971年に郊外に移転し、跡地にフォーロムデアールが建設されて現代的な商業地域になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レアール
れあーる
Juan de Valds Leal
(1622―1690)

スペインのバロック画家。正しくはバルデス・レアール。セビーリャに生まれ、同地で没した。父はポルトガル人の銀細工師、母の姓を名のる。コルドバのアントニオ・デル・カスティーリョの工房で画業を学び、生地に帰って活躍した。ムリーリョの同時代人で、1660年に共同で絵画アカデミーを創設したが、性格も作品も対照的であり、スペイン派に流れる「勇猛な血脈」を代表する1人。初期の超大作『アッシジの城門前でのイスラム軍の敗北』で、すでに美よりも表現性を尊ぶ傾向がみられ、その迅速なタッチ、豊かな色彩感覚、そしてなによりも表現主義的な傾向によってゴヤを先駆する。セビーリャの慈善病院のために描いた『つかの間の命』と『世の栄光の終わり』は死に関する劇的な表現様式としてのバロックの傑作であり、彼の、中庸とか美といった理想とは無縁に、むしろ醜の表現性を追求してやまない性格が余すところなく発揮されている。[神吉敬三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レアールの関連キーワードマルティネス・モンタニェースコトン・デ・チュレアールフランス革命史(年表)アドルフォリスボア市場フィリップ スタルク総合制中等学校シュティフタースペイン美術F. タレガチュレアールメキシコ銀トリアリーボフィル神吉敬三5月4日タレガ現象学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android