コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商業地域 しょうぎょうちいきcommercial region

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商業地域
しょうぎょうちいき
commercial region

商業施設が集積し,地域経済の基盤をになっている地区。都市計画法の用途指定地域には詳細な基準はないが,広義には小売商業,卸売商業のほかに金融,保険,不動産業サービス産業,オフィス業務,政府業務なども含む。狭義には小売業や卸売業,飲食店などが局地的に集積した商店街。小売商店街は高級品,特殊品,流行品を販売する都心商店街と,住宅地に近接し日常必需品を販売する小規模で分散的な近隣商店街に分れる。また最近では人口のドーナツ化現象に伴い郊外にスーパーマーケット百貨店を核とするショッピングセンターが誕生している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうぎょう‐ちいき〔シヤウゲフチヰキ〕【商業地域】

都市計画法で定められた用途地域の一つ。主として商業その他の業務の利便を増進するために定める地域。敷地の高度利用が認められるが、防災的な構造および設備が課される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぎょうちいき【商業地域】

都市計画のために国土交通大臣によって指定される用途地域の一。主に商業用に供され、一定の工場などの建築は禁止される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商業地域
しょうぎょうちいき

商業機能をもつ施設が集まっている所。商店街、都市内部の商業地区、商業機能を主とする都市や集落の集まる商業地域など、その範囲に応じて種々の区別がみられる。しかし、一般には一つの都市や集落の内部の商業地区、商店街の規模をさすことが多い。商店街には買回品(かいまわりひん)を主とする中心(都心)商店街、最寄品(もよりひん)を主とする近隣商店街、その中間の副次的商店街などがある。また都市内部の商業地区は都心に位置することが多く、周辺の工業地区や住宅地区と対立する。なお、都市郊外の主要道路沿いに、自動車関係の商業地区や流通センター、ショッピングセンターなど自動車時代に対応した新しい商業地区が形成されている。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

商業地域の関連キーワード宝塚市のパチンコ店規制神奈川県相模原市南区インドール(インド)フォーロムデアール改正まちづくり3法カオルーン公園旧広島市下中町県内の悪臭問題建ぺい(蔽)率上海の南京路ダウンタウン国土交通大臣地域地区制度横濱中華街上越[市]モールデンユアンロン兵庫[区]バージェスデンパサル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商業地域の関連情報