コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイヨナン様式 レイヨナンようしきRayonnant style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイヨナン様式
レイヨナンようしき
Rayonnant style

13世紀中頃から 14世紀後半のフランス盛期ゴシック建築,またその時代の美術様式。その名称は壮大かつ華麗なばら窓の放射状意匠に由来する。当時ゴシック建築は技術的に最高の発展を示し,これに付随して壮大なステンドグラスやすぐれた石彫が制作されたほか,多彩な壁掛けエマイユなどの工芸品にもすぐれた作品を生んだ。代表例はランス大聖堂ボーベー大聖堂,パリのサント・シャペルトロアのサン・トゥルバン聖堂。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レイヨナン様式の関連キーワードサン・トゥアン聖堂[ルーアン]サン・トゥルバン聖堂[トロア]サント・シャペル[パリ]モントルイユ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android