コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーベー大聖堂 ボーベーだいせいどうLa Cathédrale Saint-Pierre, Beauvais

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーベー大聖堂
ボーベーだいせいどう
La Cathédrale Saint-Pierre, Beauvais

フランスのオアーズ県ボーベーにあるゴシック建築聖堂。カロリング朝時代の内陣が 1222年に炎上したのち,1247年に設計された。1272年アプスと内陣が完成したが,外部のバットレス (控壁) が崩壊したため,14世紀末になって外陣のみ再建された。百年戦争で中断されたのち,1569年にフランボアイヤン様式の入口をもつ翼部と交差部の塔が完成したが,1573年塔が崩壊して聖堂の交差部分が破壊された。その後宗教改革の争いで工事がはかどらず,身廊はついに初めの計画どおりに完成しないまま今日にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボーベー大聖堂の関連キーワードレイヨナン様式

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android