コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴシック建築 ゴシックけんちくGothic architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴシック建築
ゴシックけんちく
Gothic architecture

12世紀中葉より北フランスを中心に全ヨーロッパに広がり 15世紀ないしは 16世紀初頭まで続いた建築様式。ゴシックとは,ゲルマン族の一種族ゴート族の野蛮な様式という意味で,ルネサンス期のイタリア人が侮蔑的に使った言葉に由来するが,ゴート族とは直接の関係はない。ゴシック様式とは元来聖堂建築の様式をさし,事実,発生の当初から建築が他のすべての美術に対して優位を保ち,これらを含むモニュメンタルな大芸術として発展してきている。フランスでは,12世紀中葉から末までを初期ゴシック,聖堂大芸術が完成される 12世紀末から 13世紀末頃までを盛期ゴシック,装飾的で華麗な変化をみせつつ聖堂建築から王侯貴族の宮殿建築へと範囲も広がってくる 13世紀末から 16世紀初頭までを後期ゴシックと呼ぶ。イギリスでは,初期イギリス様式,デコレーテッド様式,パーペンディキュラー様式などが生れ,これらはゴシック建築発展上の重要な位置を占めている。ゴシック建築の一般的な特色は,リブ・ボールトの発達を基本としている。その使用により,柱にボールトの重量と横圧が伝えられ,壁面が開放されて採光面積が多くなり,ステンドグラスの芸術を生んだ。著しく線的な表現が強まり,空間の垂直性が強調されたのがゴシックの聖堂建築である。また尖頭ボールトの使用により広く高い尖頭アーチの開口部が形成されたが,この尖頭アーチはゴシック様式のシンボルとなり,線的な構成を求めない地域でも広く用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゴシックけんちく【ゴシック建築】

ゴシック式の建築。尖頭アーチ・リブ-ボールト・フライングバットレスなどの構成要素を持つ。ノートルダム寺院・ミラノ大聖堂などの聖堂建築によって代表される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のゴシック建築の言及

【オランダ美術】より

…12世紀に改築)と聖セルファース教会(12世紀)は双塔を備えたいかめしい西構え(ウェストウェルク)の採用においてラインラント地方の影響を如実に示している。ゴシック建築は13世紀中ごろに導入された。その初期の代表例はケルンやソアソンの流れをくむ典型的な3層構成の内陣を備えたユトレヒトの大聖堂(1254着工)である。…

【ゴシック美術】より


[教会堂建築の新様式]
 ゴシック美術の様式はまず建築,ことに教会堂建築によって実現されたが,これと協和して形成された彫刻,絵画,工芸に対しても,総括的にこの様式の名称が適用される。ゴシック教会堂建築の特徴としては,一般に構造技術上の3要素,すなわちリブ・ボールトribbed vault,尖頭アーチpointed arch,フライイング・バットレスflying buttress(飛控え)があげられ,その組織的適用によって,仰高性のいちじるしい建築様式が成立しているとされる(ゴシック建築のうちには,木造天井を架して,しかも仰高性をあらわしている例もあるが,様式形成の主導力となったのは石造ボールト建築である)。この3要素はすでにロマネスク建築にもあった。…

※「ゴシック建築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴシック建築の関連キーワードウェストミンスター宮殿,ウェストミンスター寺院及びセント・マーガレット教会サンタ・クローチェ聖堂[フィレンツェ]リープフラウエン聖堂[トリール]サンタマリアデッラスピーナ教会アルノルフォ・ディ・カンビオキングズ・カレッジ礼拝堂サン・フランチェスコ聖堂アントワープ中央[駅]サンタ・クローチェ教会ノートル・ダム大聖堂ストラスブール大聖堂ノートル・ダム大聖堂フランボアイヤン様式ソールズベリー大聖堂チューダー式アーチノートルダム寺院シャルトル大聖堂ブールジュ大聖堂レーゲンスブルクチューダー様式

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴシック建築の関連情報