コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオカレス Leōcharēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオカレス
Leōcharēs

前350年頃にアテネで活躍した古代ギリシアの彫刻家。プリニウスによれば,ハリカルナッソスの墓廟マウソレイオンの西側のフリーズを担当し,マケドニアのフィリップ家の金と象牙の彫像群やデルフォイの『アレクサンドロス大王の獅子狩り』の青銅群像を制作したと伝えられる。バチカン美術館蔵の『ガニメード』の原作もレオカレスの作と考えられ,またアドルフ・フルトベングラーらによれば,『ベルベデーレのアポロン』(バチカン美術館)もレオカレスに帰されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レオカレスの関連キーワードブリュアクシスベルベデーレマウソレウムチモテオス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android