コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオンビエホ León Viejo

デジタル大辞泉の解説

レオン‐ビエホ(León Viejo)

中央アメリカ、ニカラグア西部の都市レオンの郊外、南東約30キロメートルにあるスペイン植民地時代の町の遺跡。1610年に起きた地震とモモトンボ火山の噴火により町は壊滅。入植初期の聖堂修道院、総督邸などが確認されている。2000年、「レオン‐ビエホ遺跡群」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android