壊滅(読み)かいめつ(英語表記)Razgrom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「壊滅」の解説

壊滅
かいめつ
Razgrom

ソ連の作家 A.ファジェーエフの長編小説。 1927年発表。革命に続く国内戦の時代,極東地区で,コサックの白軍や日本の干渉軍との至難な戦いのなかで,ついに全軍壊滅の運命をたどる一パルチザン部隊の悲劇。隊員たちのさまざまな性格,運命を,トルストイ的手法ともいうべき心理主義リアリズムにより多彩に書き分け,初期ソ連文学の古典的名作の一つとみなされる作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「壊滅」の解説

かい‐めつ〔クワイ‐〕【壊滅/潰滅】

[名](スル)すっかりだめになってしまうこと。組織などが総崩れになること。「大地震で街が―した」
[類語]全滅絶滅撲滅殲滅根絶根絶やし破壊全壊破砕砕破破損損壊毀損滅びる滅亡衰亡破滅自滅衰滅死滅滅ぶ墓穴を掘る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「壊滅」の解説

【壊滅】かい(くわい)めつ

こわれる。唐・王昌齢〔諸官、招隠寺に遊ぶ〕 金色、身壞滅し 眞如、性無し

字通「壊」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android