コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レキシントン・コンコードの戦い レキシントン・コンコードのたたかいBattle of Lexington and Concord

1件 の用語解説(レキシントン・コンコードの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レキシントン・コンコードの戦い
レキシントン・コンコードのたたかい
Battle of Lexington and Concord

アメリカ独立戦争におけるイギリス本国軍とアメリカ植民地軍との最初の戦い。 1775年4月,本国の植民地政策に反抗する愛国派は,マサチューセッツ湾植民地ボストン近郊のコンコードに武器,弾薬を集めた。4月 18日ボストン駐屯イギリス守備隊司令官 T.ゲージは,愛国派指導者の逮捕と,コンコードの武器庫破壊のため,F.スミス大佐の率いる正規軍の分遣隊約 700人を派遣した。愛国派の P.リビアと W.ドーズの急報によって出発した J.パーカーの率いる植民地民兵が,翌 19日イギリス軍先発隊とレキシントンで衝突。さらにコンコードへ進出したイギリス本隊をノースブリッジで植民地民兵約 400人が攻撃。イギリス軍は増大する民兵に攻撃されながら,救援軍の助けでボストンへ帰還した。死傷者はこの1日で植民地側 95人,イギリス側 273人。アメリカ独立戦争の導火線となった戦い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レキシントン・コンコードの戦いの関連情報