レナ事件(読み)レナじけん

世界大百科事典 第2版「レナ事件」の解説

レナじけん【レナ事件】

ロシアの東シベリアのレナ金鉱で起こった鉱山労働者銃殺事件。1912年4月4日に発生した。鉱山はイルクーツクから北東へ約2000kmのレナ川支流ビチム河畔のタイガにあった。1908年に鉱山はレナ金鉱株式会社となり,イギリス資本が投下されており,経営陣にはロシアの巨大銀行資本家が参加した。また,株主にはビッテなどのロシアの政治家や高級官僚がいた。鉱山での労働条件はきわめて過酷であった。12年2月末,ストライキが自然発生的に発生し,やがてすべての労働者(6000人以上)がそれに参加した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android