コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レナ事件 レナじけん

1件 の用語解説(レナ事件の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レナじけん【レナ事件】

ロシアの東シベリアのレナ金鉱で起こった鉱山労働者銃殺事件。1912年4月4日に発生した。鉱山はイルクーツクから北東へ約2000kmのレナ川支流ビチム河畔のタイガにあった。1908年に鉱山はレナ金鉱株式会社となり,イギリス資本が投下されており,経営陣にはロシアの巨大銀行資本家が参加した。また,株主にはビッテなどのロシアの政治家や高級官僚がいた。鉱山での労働条件はきわめて過酷であった。12年2月末,ストライキ自然発生的に発生し,やがてすべての労働者(6000人以上)がそれに参加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone