コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レニングラード攻防戦 レニングラードこうぼうせん

世界大百科事典 第2版の解説

レニングラードこうぼうせん【レニングラード攻防戦】

第2次世界大戦の独ソ戦中の都市をめぐる激戦の一つ。ドイツ軍は,政治,戦略および経済上重要なソ連第2の都市レニングラードを完全に包囲して,兵糧攻めにして攻略する作戦方針をとった。このため300万人以上といわれる市民が戦争に巻き込まれることになる。1941年9月中旬まず陸上交通が遮断され,11月上旬には隣接するラドガ湖海上交通も遮断され完全包囲となる。この年は例年にない寒波が襲い,市民は寒気飢餓,病気によって悲惨な状況下におかれ,1日に2万人が死亡したこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レニングラード攻防戦の関連キーワードミハイル ウリヤーノフドゥジーンツェフグラーニンインベル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android