コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レニングラード攻防戦 レニングラードこうぼうせん

1件 の用語解説(レニングラード攻防戦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レニングラードこうぼうせん【レニングラード攻防戦】

第2次世界大戦の独ソ戦中の都市をめぐる激戦の一つ。ドイツ軍は,政治,戦略および経済上重要なソ連第2の都市レニングラードを完全に包囲して,兵糧攻めにして攻略する作戦方針をとった。このため300万人以上といわれる市民が戦争に巻き込まれることになる。1941年9月中旬まず陸上交通が遮断され,11月上旬には隣接するラドガ湖海上交通も遮断され完全包囲となる。この年は例年にない寒波が襲い,市民は寒気と飢餓,病気によって悲惨な状況下におかれ,1日に2万人が死亡したこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レニングラード攻防戦の関連キーワードチーホノフ独ソ戦ファーティマボロネジレジスタンス欧州大戦世界大戦第二次世界大戦エペルネーカステルヌーヴォ=テデスコ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone