コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レピーヌ Lépine, Stanislase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レピーヌ
Lépine, Stanislase

[生]1835.10.3. カーン
[没]1892.7.28. パリ
フランスの風景画家。コローに師事し,ドリア伯の後援を受けて 1859年サロンに出品したが認められなかった。印象派展に第1回 (1874) から参加。地味な作風であるが洗練された筆致で,セーヌ河畔やパリの町並みなどの風景画を描いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レピーヌの関連キーワードキャベンディッシュ網脂

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android