コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフォルマツキー反応 レフォルマツキーはんのうReformatskij reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レフォルマツキー反応
レフォルマツキーはんのう
Reformatskij reaction

亜鉛の存在でケトンあるいはアルデヒドとα-ハロゲン化脂肪酸エステルを縮合させ,β-オキシ酸エステルを合成する反応。中間に亜鉛を含む有機金属化合物が反応に関与している。α-ハロゲン化脂肪酸エステルとしては普通ブロム酢酸エステルが用いられる。この場合はカルボニル化合物の炭素原子鎖を,一時に2個増すことができる。 1887年に発見され,今日でも有機合成にしばしば利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android