コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフカダ島 レフカダトウ

デジタル大辞泉の解説

レフカダ‐とう〔‐タウ〕【レフカダ島】

LefkadaΛευκάδα》ギリシャ西部、イオニア海にある島。古代名レフカス島またはレウカス島。イタリア語名サンタマウラ島。イオニア諸島の島。本土とは狭い水道を隔てて橋で結ばれる。ワイン、オリーブ、蜂蜜の生産が盛ん。中心地は北東部のレフカダ。東岸にはニドリ、バシリキなどの有名な海岸保養地がある。また周辺には海運王アリストテレス=オナシスが所有していたスコルピオス島をはじめとする小島が点在する。小泉八雲の名で知られる文学者ラフカディオ=ハーンの生地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

レフカダ島の関連キーワードサンタマウラ島イオニア諸島イオニア海レフカス島レウカス島

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android