コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフレル症候群 レフレルしょうこうぐんLöffler's syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レフレル症候群
レフレルしょうこうぐん
Löffler's syndrome

一過性の肺浸潤。スイスの医師 W.レフレルが 1932年に記載したもの。症状はきわめて軽微で,一般に無自覚のことが多いが,ときに微熱,全身倦怠および咳などがある。血液像では7~50%に及ぶ好酸球増加がみられる。原因は寄生虫,ペニシリンなどの化学物質,アレルギーなどがあげられるが,不明のものも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のレフレル症候群の言及

【レフラー症候群】より

…胸部X線写真上,肺に一過性の浸潤陰影があり,末梢血の好酸球増加を示し,臨床症状はほとんどみられないか,あっても軽度で,2週間から1ヵ月以内に自然治癒するものをいう。レフレル症候群ともいう。1932年スイスの内科医W.レフラーによって記載されたものであるが,現在ではPIE症候群のなかで単純性肺好酸球増加症として分類されており,アレルギー性機序によって発症すると考えられている。…

※「レフレル症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レフレル症候群の関連キーワードレフラー症候群薬物性肺炎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android