コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺浸潤 ハイシンジュン

5件 の用語解説(肺浸潤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はい‐しんじゅん【肺浸潤】

肺のX線検査を行ったとき、わずかに陰影が認められる状態。かつては肺結核の初期の意で用いられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はいしんじゅん【肺浸潤 pulmonary infiltration】

かつて,肺結核の罹患率が現在よりも高かった時代に,胸部X線写真で小範囲の浸潤陰影(境界不鮮明で均一な陰影)がみられるが,空洞を伴わず,また喀痰検査では結核菌がみられないようなときに,〈肺結核が強く疑われる〉という意味で用いられた言葉。しかし,現在ではほとんど使われていない。【竜神 良忠】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肺浸潤
はいしんじゅん

胸部X線写真において雲状あるいは軟らかい斑(はん)点状、または均等な陰影を示すものをいう。大きさは小さな限局性のものから広範囲にわたるものまで種々である。病理解剖学的には滲出(しんしゅつ)性病変であるが、ときには無気肺の場合もある。原因は、肺結核、肺炎のほか、多くの肺疾患によっておこる。肺結核が不治の病気として恐れられていた時代には、患者へのショックを和らげるために、肺結核ではなく肺浸潤という病名を用いたこともある。[山口智道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肺浸潤の関連情報