コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レブダ Revda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レブダ
Revda

ロシア中西部,スベルドロフスク州の都市。州都エカテリンブルグの西約 40km,ウラル山脈中部山中にあり,レブダ川がチュソバヤ川に合流する地点に位置する。1734年冶金工場がつくられたことに始まる。1940年銅精錬工場が建設され,非鉄冶金・合金工業都市として知られている。エカテリンブルグと鉄道で連絡。人口 6万1916 (2006推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レブダの関連キーワードレプチス・マグナ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android