コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レム睡眠行動障害 レムスイミンコウドウショウガイ

デジタル大辞泉の解説

レムすいみん‐こうどうしょうがい〔‐カウドウシヤウガイ〕【レム睡眠行動障害】

レム睡眠中に体の動きを抑制する脳の機能が障害され、夢を見ているときに大声を出したり、手足を大きく動かしたりしてしまう病気。起きあがって歩き回り、殴る蹴るなどの動作をすることもある。パーキンソン病などの神経疾患に先立って見られることがある。RBD(REM sleep behavior disorder)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

レム睡眠行動障害の関連キーワード睡眠時随伴症(パラソムニア)レム睡眠とノンレム睡眠

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android