コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レモングラス油

栄養・生化学辞典の解説

レモングラス油

 レモングラスすなわち[Cymbopogon flexuosus]および [C. citratus]の葉を水蒸気蒸留して得る精油で,主に香料として用いる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レモングラス油
れもんぐらすゆ
lemongrass oil

イネ科の植物レモングラスの葉を水蒸気蒸留すると収油率0.2~0.4%で得られる精油。東インド型(インド西南のトラパンコール、コーチン地方産)および西インド型(アジア、アメリカ、アフリカの亜熱帯地方産)がある。その主成分はシトラールである。この精油はシトラール原料として重要である。シトラールはレモン系食品香料、調合香料に用いられるが、β‐ヨノン、ビタミンAおよびビタミンEの原料として重要である。[佐藤菊正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のレモングラス油の言及

【レモングラス】より

…全草にレモンのような芳香を発する精油を含み,熱帯や亜熱帯地域で香料用に栽培される。茎と葉を刈り取ってそれから抽出するレモングラス油は50~80%のシトラールを含有する。また,葉をスープやカレーの芳香づけにも用いる。…

※「レモングラス油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

レモングラス油の関連キーワードカプリルアルデヒドゲラニオールテルペン

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android