コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調合香料 ちょうごうこうりょう compound perfume

2件 の用語解説(調合香料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

調合香料
ちょうごうこうりょう
compound perfume

各種の単離香料天然香料合成香料などを実用に適するように混合してつくられた香料。広義には食品用香料も含まれるが,日本では商習慣として,化粧品用香料または最終製品の一般名として使われることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調合香料
ちょうごうこうりょう
perfumefragrance

少なくとも数種、高級なものは数十種の天然および合成香料が配合された香料。調合香料は用途によって香粧品用香料と食品香料とに大別されるが、普通は調合香料といえば香粧品用をいう。香料を配合するということは、天然および合成香料を素材として目的の花の香気、または創造的、幻想的な香気をつくりだす芸術的な仕事である。調合香料の組立ては、ベース、調和剤、変調剤、保留剤の4種の香料を適当に組み合わせ、さらに熟成させて製品とする。調合香料の用途は香粧品、歯磨きせっけん、洗剤などのほか、医薬品、溶剤、殺虫剤、防臭剤、塗料、印刷インキなど広範囲に及んでいる。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の調合香料の言及

【香料】より

…原料・製造法によって大別すると天然香料と合成香料になる。なお実際に用いられる香料は天然・合成香料を調合した調合香料である。
[天然香料]
 天然物を原料とするもので,動物性香料と植物性香料に分けられる。…

※「調合香料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

調合香料の関連キーワード合成香料天然香料着香料無香料人工香料粉末香料脂肪族系合成香料単離香料テルペン系合成香料芳香族合成香料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone