コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レランチンの戦い レランチンのたたかいLelantine War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レランチンの戦い
レランチンのたたかい
Lelantine War

前8世紀後半,ギリシアのエウボイア (島) の2都市カルキスエレトリア間に植民地と貿易をめぐって起った戦争。サモス,コリント,テッサリアおよびおそらくエリュトライ諸都市は前者に,ミレトス,メガラおよびおそらくキオスは後者にくみし,当時のギリシア世界は2分して相争った。カルキス側の勝利のほかは両陣営に決定的な戦果はなく,西部戦線ではカルキスがメッシナ海峡の両岸を制圧してシチリア島へ植民地を拡大したのに対して,東部戦線では同盟のサモスが敗退した。エウボイアではエレトリアが優位に立ち,その同盟都市ミレトス,メガラがボスポロス海峡沿岸に豊かな植民地を獲得した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android