コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレトリア エレトリア Eretria

3件 の用語解説(エレトリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレトリア
エレトリア
Eretria

ハルキスと並ぶエウボイア (エビア島 ) の古代ギリシアの主要都市。現ネアプサラ。植民に活動し,前 750年頃カルキスとともに西方における最初のギリシア人植民地クマエを建設,その後独力でカルキディケやマケドニアに植民市 (アポイキア ) をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エレトリア【Eretria】

古代ギリシアのポリスエウボイア島内で,西北西約25kmのカルキスと並び最大の勢力を誇った。カルキスと協力して前9世紀ころよりシリアとの通商を,前8世紀よりイタリアシチリアおよびエーゲ海北部沿岸への植民活動を行った。前500年ペルシアへの反乱を企てたミレトスに加勢したため,前490年ペルシア軍により壊滅的な攻略を受けるが,10年後にはサラミスに艦隊を派遣した。劇場,神殿の遺跡がある。【桜井 万里子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エレトリア
えれとりあ
Eretria

ギリシア中部、エウボイア島にあった古代都市。エウボイア地方最古の都市の一つ。初期には海運国として栄え、一時アンドロス、テノス、ケオスの島々を従えた。その一方で、紀元前8世紀末レラント沃地(よくち)をめぐって隣国有力都市カルキスと争いを繰り返した。その後イオニア反乱(前499)に加担したためペルシアの報復を受け、町は破壊された。再建されてからすぐに昔日の勢いを取り戻したが、前4世紀には僭主(せんしゅ)の支配するところとなり、マケドニアに従属した。第二次マケドニア戦争(前200~前197)後、ローマによって自由市を宣せられた。[古川堅治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエレトリアの言及

【エウボイア[島]】より

…主要都市カルキスChalkis(Khalkís)では,冶金・セメント・繊維工業が行われている。古代に島はおのおの独立の7ポリスに分かれ,カルキスとエレトリアがその中でも最強であった。両ポリスは他のギリシアのポリスに先がけて海上に進出し,前800年ころにはシリアのアル・ミナに通商基地を創設した。…

【レラントスの戦】より

…前8世紀末,エウボイアの二大ポリスであるカルキスとエレトリアが,レラントスLēlantos平野の領有を争って起こした戦争。カルキス側にはサモス,エリュトライ,コリントス,スパルタ,テッサリアなどが,エレトリア側にはミレトス,キオス,メガラなどが加勢したことが推定される。…

※「エレトリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エレトリアの関連キーワードエウフォリオンエウボイア島ラトポリスエボイア島ボイオティアハドリアノポリスアポリノポリスエドフエウボイア[島]フュレー

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone