レース編(読み)れーすあみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「レース編」の解説

レース編
れーすあみ

主として透し模様のことで、レース糸で編んだものが多い。一般には綿のレース糸を用いるが、絹糸、毛糸、麻糸、化繊糸、金銀糸など、素材も番手も自由で、技法により、繊細なものからラフな感じのものまで多種である。レースには機械レースと手編レースがある。手編レースは、針を使ってつくるニードルポイント・レース、ボビンを使ってつくるボビンレース、そして刺しゅうレースの3種に大別できる。ニードルポイント・レースのなかには、棒針を使ったクンストレース、かぎ針レース、ヘアピンレースなどが含まれる。機械レースは、手編機で編むレースのことで、移しを使って編目の移動を行い、模様をつくるが、最近では、一度に一列の穴をあけるレースキャリジという便利なものがある。レース編の美は、透けてできる空間の調和にあり、室内装飾用やウエア用として、四季を通じて広く利用されている。

[河合貴代美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「レース編」の解説

レース‐あみ【レース編】

〘名〙 (レースはlace) レースを編むこと。また、そのもの。
※あきらめ(1911)〈田村俊子〉六「花沢の絹糸(レース)編みのネクタイがだらりだらりと動く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android