レーゾンデートル

精選版 日本国語大辞典「レーゾンデートル」の解説

レーゾン‐デートル

〘名〙 (raison d'être)⸨レゾンデートル⸩ あるものの存在を正当化する根拠。存在にとっての理性的根拠。存在理由
※あの頃の自分の事(1919)〈芥川龍之介〉三「かうへて来ると、純文学科のレエゾン・デエトルは、まあ精々便宜的位な所だね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android