コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーダ高度計 レーダこうどけいradar altimeter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーダ高度計
レーダこうどけい
radar altimeter

人工衛星で下向きに発射した電波が地表面で反射し,それを同じ人工衛星が受信し,発信と受信の時間差から地表面の高度を測定する機器。 1975年に GEOS-3,78年の海洋観測衛星 SEASAT-1に搭載された。レーダ高度計で高度を測り,ジオイド面からの高さの分布から,海面上の地衡流を推算する。海流や渦などの測定に使用する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レーダ高度計の関連キーワード人工衛星

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android