コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋観測衛星 かいようかんそくえいせい marine observation satellite

2件 の用語解説(海洋観測衛星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海洋観測衛星
かいようかんそくえいせい
marine observation satellite

海洋のリモートセンシングを主な目的とした人工衛星で,1975年にアメリカが打ち上げた GEOS-3が最初。海洋の現象を短期間に大洋規模で観測することは,従来の観測船による方法では不可能であったが,人工衛星では海洋内部の状態を見ることはできないが,全地球的海洋表面観測が可能となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かいようかんそくえいせい【海洋観測衛星 marine observation satellite】

海面温度,海上風,波浪,海面高度などの海洋観測を目的とする科学衛星。1978年6月打ち上げられたアメリカのSEASAT(シーサツト)が最初である。その後いくつかの海洋観測衛星が打ち上げられており,ほかに気象衛星も海洋観測機器を搭載している。広範囲の海洋を同時に観測できる特徴をもつ。衛星の軌道から静止衛星と軌道衛星に分けられる。静止衛星は赤道上3万6000kmにあり,地球の自転と同速度で運動するため,広範囲を常時観測できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海洋観測衛星の関連キーワード海面漁業海面更正海洋温度差発電海面上風海面更正・海面校正平均海面海面養殖業トゥーサンの公式力学的海面高度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海洋観測衛星の関連情報