コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーノルズの相似則 レーノルズのそうじそくReynolds’ law of similitude

世界大百科事典 第2版の解説

レーノルズのそうじそく【レーノルズの相似則 Reynolds’ law of similitude】

圧縮性を無視できる自由表面のない流れを支配する相似則。力学的相似則ともいう。O.レーノルズが見いだした。幾何学的に相似な流れ(例えば形が相似な物体が流れの中におかれた場合や円管内の流れなど)は,レーノルズ数Reが同一であれば力学的にも相似であるというもの。このとき,流れのパターンばかりでなく,圧力分布なども次元のない形(無次元形)で書けば完全に一致する。すなわち,圧力pを1/2ρU2(ρは流体の密度,Uは流速)で割った圧力係数,は,Reと,代表長さLで無次元化した位置座標X/Lだけの関数である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報