レー王宮(読み)レーオウキュウ

デジタル大辞泉の解説

レー‐おうきゅう〔‐ワウキユウ〕【レー王宮】

Leh Palace》インド北部、ジャンムカシミール州の都市レーにある宮殿。17世紀、ラダック王国のセンゲ=ナムギャル王により建造。市街北東部の岩山の中腹に位置する。石造りおよび日干し煉瓦(れんが)造りによる9層の建物であり、チベットのラサにあるポタラ宮のモデルになったことで知られる。レー宮殿。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android