コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポタラ宮 ポタラキュウ

6件 の用語解説(ポタラ宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ポタラ‐きゅう【ポタラ宮】

《Potala 観音菩薩の住む補陀落山(ふだらくせん)の意から》チベット、ラサ市北西のマルポリ(赤い山)の上にあるダライ=ラマの宮殿。17世紀中ごろ第5代ダライ=ラマによって建設され、以後、宗教・政治の中心となった。1994年、世界遺産文化遺産)に登録。以降、「ラサのポタラ宮歴史地区」として、付近のジョカン寺が2000年に、離宮ノルブリンカが2001年に追加登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ポタラ宮【ポタラきゅう】

中国,チベット自治区の主都ラサのポタラ山にあるダライ・ラマの宮殿。ポタラ山は観音菩薩の住む普陀落(ふだらく)山をさし,ダライ・ラマが観音の化身とされるところから出た名。
→関連項目ラサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産情報の解説

ポタラ宮

ポタラ宮はチベットの省都ラサにある紅山の上、標高3700mに建つ荘厳なチベット宮殿です。ポタラとはサンスクリット語で「聖地」の意。歴代のダライ・ラマの居城で、建物は白壁の白宮と赤壁の紅宮とに分けられています。白宮は政治活動や生活の場所で、紅宮は宗教活動の場所です。屋根は金色に輝き、宮殿内部は精巧な彩色が施され、チベット文化の最盛期の面影を色濃く残しています。1994年、周辺の遺跡と合わせてラサのポタラ宮の歴史的遺跡群として、世界遺産(文化遺産)に登録されました。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポタラきゅう【ポタラ宮】

中国,チベット(西蔵)自治区ラサ市北西のポタラ(布達拉)山にあるラマ教の寺院・宮殿。ポタラ山は観世音菩薩の住む補陀洛Poṭalakaであると信じられ浄土と考えられた。7世紀,ソンツェン・ガンポが唐より文成公主を妻として迎えるにあたって創建されたと伝えられるが,現在の建築は清代1645年(順治2),ダライ・ラマ第5世のときに建設が始まり,50年あまりを要して完成した。宗教および政治の中心機構であり,宮殿,正庁,霊廟,仏殿,経堂などを包括する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ポタラきゅう【ポタラ宮】

中国、チベット自治区のラサ市北西部の山上にあるチベット仏教の寺院。七世紀の創建と伝える。かつてのチベットの宗教・政治の中心。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポタラ宮
ぽたらきゅう
Po-ta-la

漢訳は布達拉宮。中国、チベット自治区の首府ラサ市北西のマルポ・リ(紅山)の上にあるダライ・ラマの宮殿。通称ツェ・ポタラrTse po-ta-la(山頂ポタラ)。ポタラ山は南インドにある観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)の住む補陀洛(ふだらく)Poalakaに由来する。7世紀のソンツェンガンポ王が創設したとされるが、彼は観音(かんのん)の化身と崇(あが)められたので、その宮殿がポタラとよばれたのである。現在のポタラ宮は第5代ダライ・ラマが1645年から造営したもので、50年余りを要して完成した。以後、歴代ダライ・ラマの王宮として宗教・政治の中心機構となった。宮殿は山の斜面に沿って城塞(じょうさい)をなし、全13層、長さ400メートルにも及ぶ。この宮殿のある歴史地区は世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[渡辺章悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のポタラ宮の言及

【補陀落山】より

…一種の霊地として描写され,仏教圏の各地にこれにちなむ地名が生じた。チベットでは観音の化身とされるダライ・ラマの宮殿がポタラ宮と名づけられた。【定方 晟】。…

【ラサ】より

… 8世紀,チベットを統一した吐蕃のツェンポ・ルンツェンの死後,各部族が反乱を起こしたが,息子のソンツェン・ガンポが再統一,ラサの建設は彼がロオシエ(熱莫切)平地に都をおいたことに始まる。紅山すなわちマルボリ(瑪布日)に居城,ポタラ(布達拉)宮をかまえたが,これはのちダライの宮殿となった。ラサの名は唐代にソンツェン・ガンポの母と妻文成公主によって建立されたジョカン(大昭寺)の旧名の一部をとって,邏娑,邏些と漢訳したことによる。…

※「ポタラ宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポタラ宮の関連キーワードチベット自治区チベット語チベット高原玉樹西蔵チベット動乱チベット犬青海チベット(青蔵)高原青海チベット鉄道チベット種 (Tibet)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポタラ宮の関連情報