コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラサ Lhasa

翻訳|Lhasa

大辞林 第三版の解説

ラサ【拉薩】

〔神の地の意〕 中国、チベット自治区の区都。チベット高原の海抜3650メートルに位置し、チベットの政治・経済・交通の要衝。チベット仏教の聖地で、歴代ダライ=ラマが住んだポタラ宮ほか多くのチベット仏教寺院がある。唐代の吐蕃とばんの首都。 〔「拉薩」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ラサの関連キーワードハイシー(海西)モンゴル(蒙古)族チベット(蔵)族自治州ニェンチェンタンラ(念青唐古拉)山脈チンツァン(青蔵)鉄道シーニン(西寧)特別市ギャンツェ(江孜)県チャムド(昌都)地区シガツェ(日喀則)市デチェン(徳欽)県マルカム(芒康)県ニンティ(林芝)県チンハイ(青海)省ゴルモ(格爾木)市ヤトン(亜東)県チベット自治区ガル(噶爾)県チベット高原チベット仏教チョカン寺パーリ吐蕃

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラサの関連情報