ラサ(英語表記)Lhasa

翻訳|Lhasa

大辞林 第三版の解説

ラサ【拉薩】

〔神の地の意〕 中国、チベット自治区の区都。チベット高原の海抜3650メートルに位置し、チベットの政治・経済・交通の要衝。チベット仏教の聖地で、歴代ダライ=ラマが住んだポタラ宮ほか多くのチベット仏教寺院がある。唐代の吐蕃とばんの首都。 〔「拉薩」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラサの関連情報