コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チベット

百科事典マイペディアの解説

チベット

中国南西部,チベット人を中心とする民族自治区。漢字では西蔵。簡称は蔵。古くは吐蕃(とばん)と呼ばれた。主都はラサ。古くからチベット人はカム(東部,チャムド地区),ウェイ(中央部),ツァン(西部),アムド(北東部)の4区に呼び分け,カムは自治区に入っていなかったが,1965年これを含めて正式に自治区とされた。
→関連項目シムラ会議ソンツェン・ガンポチベット[人]中華人民共和国

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チベット

中国西部の地域。チベット仏教を信仰し、独自の文化を構築してきた。17世紀以降からダライ・ラマ法王による統治が続いていたが、1959年、中国軍の侵攻に対して「チベット動乱」が発生。ダライ・ラマ14世インドへ亡命、チベット亡命政府を樹立した。2009年から抗議のために焼身自殺する若い僧侶や尼僧が急増。これまで100人が自殺を図ったとされる。インドなどへの亡命者は計約13万人を超えるとされるが、亡命政府を承認した国はない。

(2013-02-16 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チベット【Tibet】

ヒマラヤ山脈の北側,崑崙山脈の南側に横たわる山岳地帯を地理的にチベットと称する。東は大雪山脈で中国本土と区切られ,西端はカラコルム山脈に接している。このうちのヒマラヤ山脈沿いの南縁とその北東に伸びた延長線上の南北に走る渓谷,および青海以南の四川省西縁の土地に住する民族がチベット人である。漢文史料で〈氐(てい)〉とか〈羌(きよう)〉と呼ばれていたものが古い時代のチベット系民族であるともされるが,確かではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チベットの関連キーワード青海チベット(青蔵)高原カンギュル・テンギュルシナ=チベット語系諸族チベット・インド条約ジャロン=ミシミ諸語シーレンドラボーディチョモ・ラーリ[山]チベット・ビルマ語派シャーンタラクシタナトゥ・ラ[峠]ロブサン・センゲインド・シナ語族カルマ・チョペルパンチェン・ラマダライラマ一四世チベット自治区S.C. ダスチベット[人]チベット問題チベット語

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チベットの関連情報