コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レー レーRae, John

6件 の用語解説(レーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レー
レー
Rae, John

[生]1797.6.1. アバディーン
[没]1872.7.14. ニュージャージー,クリフトン
スコットランド生れの古典学者,数学者,生物学者,医師,経済学者。アバディーン,エディンバラ両大学に学び,カナダに渡って,のちアメリカに移住。主著"Statement of Some New Principles of Political Economy" (1834) で A.スミスを批判して保護主義を主張。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

レー
レー
Rais(Retz), Gilles de

[生]1404.9/10. シャントセ
[没]1440.10.26. ナント
フランスの軍人。国王シャルル7世に仕え,オルレアンからコンピエーニュまでジャンヌ・ダルクの護衛にあたった (1429~30) 。若くしてティフォージュ城に引退し,豪奢放埒な生活にふけって資産を蕩尽した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

レー
レー
Leh

インド北西部,ジャンム・カシミール州中東部の町。ラダック地区の中心地。同州の 1949年停戦ラインインド側に位置。隊商の終点として建設され,唯一の幹線「盟約道路」で西のスリナガル,南東の中国のチベット (西蔵) 自治区のデムチョクと結ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

レー
レー
Re

古代エジプトの太陽神。ラー Raともいう。主聖所はギリシア人ヘリオポリス (太陽の都) と呼ぶイウーン北部にあった。原初の大洋ヌーから生まれると,最初の宇宙をつくり神や人間を支配したが,年老いるヌトの背に乗って天空にのぼり,世界を創造した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

レー(Leh)

インド北部、ジャンムカシミール州の都市。ヒマラヤ山脈カラコルム山脈に挟まれたラダック地方最大の都市であり、インダス川源流部の扇状地に位置する。標高約3650メートル。かつてラダック王国の都が置かれ、チベットへの隊商路の中継地として栄えた。チベットのラサにあるポタラ宮モデルとなったというレー王宮や、チベット仏教の寺院などが残る。レヘ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

レー

塩の表面堆積物に対するインドの地方での名称[Twenhofel : 1950].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

レーの関連キーワード蔀関月ピンクリボン運動公営住宅全国自治体議会アンケート助五郎と幽学Jアダムズ袁枚王鳴盛諺苑源琦

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レーの関連情報