コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロアン家 ロアンけRohan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロアン家
ロアンけ
Rohan

ヨーロッパの貴族の家系。ブルターニュ公国の直系の子孫といわれ,12世紀にはロアン地方の領主として知られていたが,15世紀末にはロアンを中心にブルターニュ地方の各所に領地を所有するまでになった。フランスのロアン公家は 1603年に創設されたが,48年にシャボ家が継承してロアン=シャボ家となった。しかしグエムネ,モンバゾン公家の称号はそのままロアン家に残った。のちさらに婚姻関係により,スビス,ロアン=ロアン公家の称号も所有し,1808年にはオーストリアの公家,16年にはブイヨン公家の称号も所有した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone