ロイヤル・サブリン

デジタル大辞泉プラスの解説

《Royal Sovereign》イギリス海軍の戦艦。1891年進水、1892年就役。ロイヤル・サブリン級のネームシップで、ウィリアム・ヘンリー・ホワイトの設計による前弩級戦艦。同型艦に、エンプレス・オブ・インディアフッドレゾリューションなどがある。1909年退役。1913年売却、解体。
《Royal Sovereign》イギリス海軍の戦艦。リヴェンジ級。1915年進水、1916年就役の超弩級戦艦。ロイヤル・サブリン級の戦艦と同名だが異なる艦。第二次世界大戦でのイタリア降伏後、ソ連からの賠償艦の要求に対し、イタリア戦艦の代わりとして本艦が引き渡された(1944年、戦艦「アルハンゲリスク(Arkhangelsk)」としてソ連海軍に移籍)。1949年にイギリスに返還され、スクラップとして売却。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android