コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロゴス科学 ロゴスかがく Logoswissenschaft

1件 の用語解説(ロゴス科学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロゴス科学
ロゴスかがく
Logoswissenschaft

ドイツの社会学者 H.フライアーの用語。特に形式社会学を批判する意味で用いられ,この用語に対立するのは「現実科学 (エートス科学) 」である。彼は,形式社会学をはじめとしてそれまでの社会学は,自然科学や体系的精神科学の範型を用いて構成されてきたもので,これは,いわば「歴史的世界の幾何学」であり,社会学がその対象の歴史的性格を忘れ,抽象的な体系構成のみに専念しているとみなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロゴス科学の関連キーワード東ドイツ認識社会学ブライアールーマン関係学テンニエスリスク社会ドラゴンフライ/アースシーの五つの物語ライアー×ライアーウィーゼ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone