コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現実科学としての社会学 げんじつかがくとしてのしゃかいがくSoziologie als Wirklickeitswissenschaft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現実科学としての社会学
げんじつかがくとしてのしゃかいがく
Soziologie als Wirklickeitswissenschaft

H.フライアーの用語。同名の著書 (1930) もある。彼は文化社会学の立場から,先行する G.ジンメル,L.ウィーゼらの形式社会学抽象性と非現実性を非難し,これらのロゴス科学に対して,現実の「生」に肉迫した人間学的立場を主張した。その批判は歴史主義的観点を内包して有効なものではあったが,他面,厳密な分析的,科学的態度に欠陥をもち,ファシズムイデオローグとして国家主義的な立場に傾斜していった点は見逃せない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

現実科学としての社会学の関連キーワードハンス フライアーフライヤー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android