コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスバスタチンカルシウム ろすばすたちんかるしうむ

1件 の用語解説(ロスバスタチンカルシウムの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ロスバスタチンカルシウム

スタチン系と呼ばれる高脂血症治療薬の一種。肝臓でのコレステロール合成を抑制し、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を低下させ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増加させる。従来のスタチン系薬剤の大半は、薬物相互作用(薬の飲み合わせ)の問題を多く抱えていたが、ロスバスタチンは比較的飲み合わせの問題が少ない。ただし、腎機能が低下している場合は、フィブラート系と呼ばれる他の高脂血症治療薬とは併用しない方がよいとされる。副作用に、他のスタチン系薬剤と同様、筋肉に対する有害作用が知られている。また肝障害も知られており、肝機能の低下した患者は服用してはならない。妊婦や授乳婦への投与も不可。

(澤田康文 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロスバスタチンカルシウムの関連キーワードクロフィブレート高脂血症抗高脂血剤抗高脂血薬高脂血高脂質血症脂血症脂肪血症低脂血

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone