コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬物相互作用 やくぶつそうごさようdrug interaction

1件 の用語解説(薬物相互作用の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やくぶつそうごさよう【薬物相互作用 drug interaction】

二つの薬物をいっしょに使った場合,一方の薬物の効果が他方によって修飾される現象をいう。協力作用と拮抗作用とがあり,併用したときの効果が,それぞれの薬物を単独で用いたときの効果の和,もしくは和より大となる場合を協力作用,和より小となる場合を拮抗作用という。 薬物療法においては,しばしば,たがいに協力的に働く薬物を併用して治療効果を高めたり,有毒物質と拮抗的に働く薬物を使って有毒物質による中毒を治療するなどが行われるが,これは薬物相互作用の利用にほかならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の薬物相互作用の言及

【副作用】より

…ピラゾロン(ピリン)系薬剤による発疹,ペニシリン系薬剤によるショックなどがよく知られている。(3)薬物相互作用 これには,医薬品相互ばかりでなく,医薬品と食品などとの場合も含まれる。ジギタリス剤とチアジド系利尿剤,サルファ剤と経口糖尿病用薬,モノアミン酸化酵素阻害剤とチーズなどのチラミン含有食品,催眠剤とアルコール飲料などがある。…

※「薬物相互作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薬物相互作用の関連情報