コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロブノ州 ロブノRovno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロブノ〔州〕
ロブノ
Rovno

ウクライナ北西部の州。州都ロブノ。南部はボルイン丘陵,北部はポレシエと呼ばれる沼沢地に入る。プリピャチ川支流のゴルイン川,スルチ川,ストゥイリ川などが北流し,ポレシエには多くの湖がある。森林,森林ステップ地帯に入る。農業部門は南部では穀物,テンサイ,果樹などの栽培が,北部のポレシエではライムギ,ジャガイモ,アマ栽培と畜産が中心である。主要工業は木材加工,食品工業であるが,ロブノにはトラクタ部品,電機,繊維,縫製,化学などの工業が発展している。ロブノから放射状に延びる鉄道,ハイウェーが州内交通の中心で,ストゥイリ川,ゴルイン川は水運に利用される。面積2万 100km2。人口 117万 6800 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android