コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステップ すてっぷ

10件 の用語解説(ステップの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ステップ

単位プログラムの行の単位、またはコンピューターが実行する処理の単位のこと。プログラムの開発量は、ステップ数を基準にして算出されることが多い。CADSTEP

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ステップ(step)

[名](スル)
歩調。足どり。特に、ダンスの足の運び。また、そうした足どりで歩むこと。
列車・電車・バスなどの昇降口の踏み段。
物事の進行上の段階。「成功への第一のステップ
野球で、投球・打撃の際、足を踏み出すこと。
陸上競技の三段跳びで、ホップに続く二段目の跳躍。
登山で、氷壁や雪渓などの急斜面を登降する際に、ピッケルで刻む足場。
コンピューターのプログラムの一行。また、一つの命令。

ステップ(steppe)

半乾燥気候下の樹木のない草原地帯。本来は、シベリア南西部から中央アジアにかけて広がる大草原をさす。広義には北アメリカプレーリーアルゼンチンパンパスアフリカオーストラリアの砂漠に続く草原などを含めていう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ステップ

大陸温帯の半乾燥気候下に発達する草原地帯。湿潤な森林地帯と砂漠との中間帯。植生は丈の短い草を主とし,春の雨で繁茂し,夏の乾季に枯死する。土壌はおもに肥沃な黒土(チェルノーゼム)。
→関連項目アフリカ栗色土黒土地帯サヘルステップ気候ロシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ステップ

正式社名「株式会社ステップ」。英文社名「STEP CO., LTD.」。サービス業。昭和50年(1975)前身の「ステップ学習教室」創業。同54年(1979)株式会社化。同57年(1982)「株式会社教育創造センター」に改称。平成3年(1991)現在の社名に変更。本社は神奈川県藤沢市藤沢。学習塾。主力は中学生対象の集団指導塾。神奈川県地盤。難関県立高校受験に実績。東京証券取引所第1部上場。証券コード9795。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ステップ【steppe】

ロシア語のstep’(草原)に由来し,温帯草原,荒草原などともいう。砂漠の外側でこれよりもやや湿潤度の高い地域に成立し,さらに外側では森林またはサバンナに漸移する。カスピ海アラル海の北に広がるカザフ・ステップ(旧名キルギス・ステップ)を中心に,西はハンガリープスタ,東は天山山脈の山麓を経てモンゴル高原の草地に至る一帯が代表的で,放牧または遊牧が行われているが,黒海北岸の黒土地帯をはじめ,すでに耕地化された地域も広く,古来,文化の伝播路の一つでもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ステップ【step】

( 名 ) スル
列車・バスなどの乗降口の踏み段。
足の運び。足どり。歩調。特にダンスでいう。 「 -を踏む」
三段跳びの、二段目の跳躍。 「ホップ、-、ジャンプ」
スポーツで、足を踏み出すこと。
登山で、氷壁などを登降するとき、アイゼンやピッケルで刻む足場。
物事をおしすすめる際のひとつの段階。足がかり。 「成功への-」 「核軍縮の-」
コンピューターの高級言語における命令の最小単位。

ステップ【steppe】

ウクライナからカザフスタンにかけての草原。肥沃な栗色土または黒色土が発達し、小麦・牧羊地帯をなす。
内陸部の半乾燥地帯にある、短い草だけが生えている草原。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステップ
ステップ
steppe

温帯草原。植物群系の一つ。温帯の降水量の少い平地に発達するイネ科の大草原のうち,特にロシア,中国のものをいう。広義には熱帯を含めて砂漠周辺などの木のない草原全般や,プレーリーパンパス南部アフリカの草原などをいうこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステップ
すてっぷ
steppe

もともとはウクライナからカザフスタンにかけての広大な温帯草原をさすことばであったが、ドイツの気候学者ケッペンが世界の気候区分を行った際、熱帯草原まで含めてステップ気候(BS気候)を設定したため、適用範囲が拡大された。一口にいえば、湿潤な森林地帯と乾燥した砂漠の中間を占める植生帯のうち、雨が少ないため樹木を欠き、イネ科やキク科の草本を主体とする草原がステップである。広義にはプレーリーやパンパなど丈の高い草からなる草原も含むが、温帯の草丈50センチメートル以下の草原に限定してこの語を用いることも多い。
 気候的には降水量がおよそ年間250~500ミリメートルの地域に出現し、土壌は栗色(くりいろ)土壌ないし厚い腐植層をもつ黒色土壌である。分布域は旧ソ連地域南西部のほか、モンゴル、アフリカのサヘル地方、南アメリカのベルド、北アメリカのグレート・プレーンズなどで、雨の比較的多い所は農耕地化されているが、牧場や遊牧地に用いられている部分が多い。近年多くの地域での過放牧や無理な耕作に起因する砂漠化の進行は、住民の生活をますます苦しくしている。[小泉武栄]

植生

ステップではイネ科植物のウシノケグサ属、ハネガヤ属のほか、キビ属、ウシクサ属などがおもな構成種となるが、乾燥と湿潤の度合いによって広葉型草本種(中央アジアの乾燥したステップではヨモギ型植物)が主要な構成種になることもある。また、ステップのなかには塩性ステップのように耐塩性の強いアカザ科植物が優占する群落もある。[大賀宣彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のステップの言及

【草原】より

…このように,単子葉植物の系統進化の先端に位置するイネ科草本は乾燥と動物による摂食・踏みつけに強く,草原の拡大とともに世界中に広がったことがよく理解できる。
[ステップsteppe]
 年降水量が250~750mmの温帯地域の気候的極相は草原となる。その代表例は,ハンガリーからモンゴルにかけてユーラシア大陸の中央部に広がるステップである。…

【草原】より

…相観に基づいた植生分類としてよく用いられるリューベルE.Rübelの分類では,植生は森林,草原,荒原に大別され,樹木の被度が50%に満たず,草本の被度が50%を超えるものが草原である。世界の草原面積の大半は,サバンナ,ステップなどの乾燥気候下での気候的極相である大草原が占め,そのほかに,湿潤気候下での地形的,土壌的極相である高山草原,高茎草原,湿原などや,遷移の途中相と考えられる火山草原,砂丘草原などがある。放牧,火入れ,採草などの人為が加わって維持されている半自然草原の面積も大きく,自然草原とあわせると世界の陸地面積の1/3近くを占める。…

【ロシア】より

…とりわけモスクワ時代以降ロシア人の活動の中心的な舞台となった地域で,各種の産業も盛んで都市も多く,人口は稠密である。(4)ステップ 腐植を多く含むチェルノーゼム(黒色土壌)からなる地域で,北寄りの一部には広葉樹もみられるが,概してハネガヤのような草が自生する。キエフの南から黒海北岸まで500kmの幅で,西はウクライナから南部ロシアの全体と中部ロシアの一部を包含し,ボルガ川の東では幅が狭まりながら西シベリアまで及んでいる。…

※「ステップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ステップの関連情報