ロマネスク建築(読み)ロマネスクけんちく(英語表記)Romanesque architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマネスク建築
ロマネスクけんちく
Romanesque architecture

ゴシック建築に先行する中世ヨーロッパの建築様式。 10世紀末からフランス,北イタリアのロンバルディア地方を中心に成立,以後次第にヨーロッパ各地に伝播した。フランク王国分裂後に各地で建てられた修道院を中心に発展したため,それぞれの地方様式が基盤となった。一般的にはラテン十字形のバシリカ式にローマ建築のボールト構造ならびに重厚な切り石積みを採用,アプスや身廊に石造の半円筒アーチを備える。建物内部は一般に暗く,全体に重い印象を与えるが,素朴な装飾彫刻に限りない魅力がある。ブルゴーニュ地方のオータンサン・ラザール大聖堂ベズレーのサント・マリー・マドレーヌ聖堂,ドイツのマインツ大聖堂などが代表的な作例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ロマネスクけんちく【ロマネスク建築】

一〇世紀から一二世紀にかけて西ヨーロッパで建てられた、重厚な石積みの壁と開口部の半円アーチなどが特徴的な建築。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロマネスク建築の関連情報