コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロル族 ロルぞく Lor

1件 の用語解説(ロル族の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロルぞく【ロル族 Lor】

イラン南西部に遊牧する部族。言語はクルド語に近いイラン系のロル方言。サファビー朝のときまで有力な大政治集団で,ホルシーディー朝(1155‐17世紀初め)をつくっていた。しかし,その後,デズ川を境に2派に分裂し,川の北にいた集団は〈小ロル〉と呼ばれ,南にいた集団は〈大ロル〉と称されたが,のちにバフティヤーリー族,クーフギールーエKūhgīlūyeh族を名のった。さらに19世紀後半,〈小ロル〉がカビール山脈,キャルハ川を境に東西に分裂し,今日,ロル族というのは東側の俗に〈ピーシュクーフPīshkūh〉地域の遊牧民のことをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロル族の関連キーワードイランコイ族イランのクルドウィンブルドンバルチスタン牧するガイランゲルガイランゲルフィヨルドクルド族イラクのクルド人

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone