コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロレンス=ムーン=ビードル症候群 ロレンス=ムーン=ビードルしょうこうぐんLaurence-Moon-Biedl syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロレンス=ムーン=ビードル症候群
ロレンス=ムーン=ビードルしょうこうぐん
Laurence-Moon-Biedl syndrome

肥満症,性器発育不全,色素性網膜炎,多指症,知能障害などを主徴とする遺伝性の症候群。小児期に発症し,年とともに進行する。知能障害は約 80%の症例に,眼の症状は約 90%に認められる。イギリスの眼科医 J.ロレンス (1830~74) ,アメリカの眼科医 R.ムーン (44~1914) ,チェコスロバキアの内分泌学者 A.ビードル (1869~1933) が記述した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android